空調設備工事とは

空調設備工事とは、建物内の空気の温度・湿度・清浄度・気流を調節し、 室内空気と外気を入れ換えるために、換気扇などを設置する工事のことです。
空調設備は【温度】の調節はもちろん、さらに【湿度】と【気流】をアレンジし、 これらの調和をはかることが重要となる設備です。 据え付けた室内機に加湿・除湿機能や運転を制御する機能を組み込んだり、 ダクトをつないで必要な部分に冷暖気の流れをつくるなど、技術改装や機器の組み合わせを通じて 幅広い用途に対応できる利点がございます。 「冷暖房設備」は既製品、「空調設備」はオーダーメイド品のようなものです。 A-riseの空調設備工事は、長年の経験を活かしつつ環境に配慮することで皆様の快適で健康な空間づくりを提案させていただきます。

空調設備工事写真

取り扱い内容

ビル用の空調設備

建物自体の規模、窓の大きさ個数、収容人数と運転時間、用途など、様々な条件をお伺いした上で検討し、 お客様に最適な空調設備をご提案いたします。
述床面積が5000㎡以下の建物では、バリエーション豊富なビル用エアコンを採用される例も増えています。

飲食店・店舗用の空調設備

お客様へのおもてなしが重要となる接客業では、快適な空調作りも大切です。
過ごしやすい快適な空調を実現するために、店舗の規模、人数、予算にあわせた空調設備をご提案します。 また、清潔な空間を維持するためにはダクト工事を正しく行うことも必要不可欠です。

住宅用の空調設備

快適な生活のためには空調を整えることが重要です。
空調に気を配ることは、健康を考えることにもつながります。
個々の住宅に最適な設備を設置することで、省エネにつながります。

A-riseの強み

高所作業への対応

マンションやオフィスビル、工場など高層建築も増えてきています。A-riseではクレーンをつかった高所作業にも対応できます。 1台から数十台まで、高い技術力でお客様からの幅広いニーズに柔軟に対応します。

高水準な安全点検

A-riseでは大手住宅メーカーの基準に準じた高度な安全点検を実施しています。 細部まで行き届いた点検項目、作業時には写真を撮ることなどお客様の安心・安全のための点検です。

クレーン作業画像